データを基にバズ動画を作るクリエイティブディレクター「あああつし」とは

あああつし画像

次々とバズる動画を生み出しているCreatorʼs Campus。

数字を出していることは何となく分かるが、どのようなメンバーがいるか謎な部分も多いかと思います。

プロジェクトを成功させていく上で組織全体について知ることはもちろんですが、参画する各メンバーの特徴や能力などを理解しておくことも重要です。

Creatorʼs Campusの組織体制に関しては関連記事「Creatorʼs Campusとは?組織体制やメンバーの動きを解説!」をご覧ください。

本記事ではCreatorʼs Campusが生み出す動画コンテンツの責任者であるクリエイティブディレクター「あああつし」にインタビューをしました。

バズる動画を作る上でのキーパーソンとなるクリエイティブディレクター。実際にどのような人物でどのような価値観を大切に仕事に向き合い、どのような強みや意識を持って動画制作を行っているのかなど「あああつし」のことをもっと知りたい方はぜひご覧ください。

あああつし画像

井上篤嗣:新卒で地方銀行に就職。銀行員時代に趣味で一眼レフでの写真撮影やドローンでの映像制作を行っていた。その中で現在勤務しているベンチャーの映像制作会社 社長にInstagramのDMでヘッドハンティングされて転職。

目次

クリエイティブディレクター「あああつし」とは?

クリエイティブディレクター「あああつし」とは?

づか
元々、地方銀行に就職されていて映像系のベンチャーに転職されたと思うのですが、何かきっかけがあったのでしょうか?
あああつし
現在、働いている映像制作会社の社長にInstagramのDMで声をかけて貰ったことがきっかけですね。

 

銀行員時代から趣味で一眼レフでの撮影やドローンを使った映像制作をしていて、それをInstagramに投稿していたところにお話を貰い、転職に至りました。

づか
なるほど、ずっと写真や映像制作をしていたんですね。TikTokも急激にフォロワーを増やしていると思うのですが、どれくらい伸びたんですか?
あああつし
2019年の1月から投稿を開始して2020年の1月時点でフォロワー4万人、2021年の6月時点でフォロワー260万人ですね。それと共にInstagramもフォロワー50万人ほどまで伸びました。
@aaa_tsushi_iPhoneで人とは違う撮り方Ver1. #チュートリアル王 #日常vlog♬ 君の名は – k

「あああつし」が注目されるきっかけにもなった投稿。TikTokでは180万いいねを越え、同じ動画をInstagramリールに投稿したところ220万回以上の再生がされた。

づか
めっちゃ伸びていますね!
あああつし
一眼レフやドローンを使った綺麗な映像からスマホを使った撮り方のチュートリアル動画に変えたところ爆伸びしました。
づか
なるほど、急激にアカウントを伸ばす中で「ぞのさんっ」と共にCreatorʼs Campusを作ったのには何か理由があったんですか?
あああつし
ぞのさんっ」とはTikTokを1年間ずっと一緒にやってきて、そのままの流れで一緒にやっていこうという感じでしたね。

Creatorʼs Campus代表である「ぞのさんっ」に関して詳しく知りたい方は関連記事「Creatorʼs Campus代表兼クリエイター「ぞのさんっ」とは?」をご覧ください。

「あああつし」が担うCreatorʼs Campusの仕事

「あああつし」が担うCreatorʼs Campusの仕事

づか
Creatorʼs Campusのクリエイティブディレクターとしてどのような業務を行っているのでしょうか?
あああつし
動画の企画から制作までの監督とコンテンツ監修、時には自分で動画の制作を行うこともあります。
づか
コンテンツの監修とは具体的にどのようなことをされているんですか?
あああつし
トレンド追い、リサーチすることで個人・企業のアカウントとクリエイターに合ったコンテンツと流行りのコンテンツを探します。そして、各クリエイターが出来ることと掛け合わせた上でコンテンツの提案をする感じです。

 

プレイヤーのアカウントやコンテンツの設計をしていくイメージですね。

づか
自分でも動画制作を行うのはどのようなシーンで行うのでしょうか?
あああつし
Creatorʼs Campusへの依頼でも僕や「ぞのさんっ」のアカウントで動画投稿をお願いしたいという内容のものがあるので、そういった際には自分も動画制作を行っています。

 

僕は比較的に撮影にも積極的に絡んでいくスタンスを取っていますね。

づか
Creatorʼs Campusの業務を進める上で気を付けていることはありますか?
あああつし
PM「たけち」のいうことは絶対に守るとかですね。笑
プロジェクトを推進する上での欠かせない存在なので。
その他には本業で映像制作をしている強みを活かすことは意識しています。

Creatorʼs CampusのPMである「たけち」に関して詳しく知りたい方は関連記事「TikTok3ヵ月でフォロワー30万人越え!PMを担うたけちとは?」をご覧ください。

「あああつし」がCreatorʼs Campusで行ってきた2つのプロジェクト

「あああつし」がCreatorʼs Campusで行ってきた2つのプロジェクト

づか
多くのプロジェクトに関わってきた中で特に印象の強いプロジェクトをいくつか教えてください。
あああつし
1つ目はavexさんと一緒に行った音楽ユニット「FAKY」さんのTikTok動画コンテンツの制作ですね。僕が打ち合わせから入ってクライアントさんのやりたいことを「ぞのさんっ」と一緒に動画企画に落としこんでいきました。

 

「FAKY」さんのTikTokアカウントを新しく作って1からの状態で動画の投稿を行ったのは新しい経験で印象に残っていますね。

づか
なるほど、avexさんとのプロジェクトを進める上で特にこだわった部分はありますか?
あああつし
作曲した人の想いやイメージなど世界観の部分をできるだけ反映していくことを特に意識しました。

 

打ち合わせの中でもクライアントさんのイメージする世界観とCreatorʼs Campus側の世界観をいかにすり合わせていくかを重視しましたね。

@faky_offlcial扉の向こうに始まるストーリー  #夏のエモい出 #ダーリン #エモ動画 #映像で遊ぼう #FAKY @hina_faky♬ Darling (Prod. GeG) – FAKY

企画制作を担当した「FAKY」さんの投稿。

づか
その他に印象に残っているプロジェクトはありますか?
あああつし
YOASOBIさんの映画「たぶん」のTikTokプロモーションですね。初めて映画に携わって、それをTikTokでPRしていったこと。そして、代表の「ぞのさんっ」やPMの「たけち」と初めて現場で揃った時だったので。
づか
3人で会うのは初めてだったんですね。
あああつし
はい。コロナの蔓延後に立ち上がったチームでそれまでではリモートでのやり取りがメインだったので。
づか
映画をTikTok上でプロモーションする中で特に意識したことはありますか?
あああつし
映画のアカウントだけではなく、各登場人物のアカウントも作って動画投稿を行ったんですけど、登場人物の関係性という制約がありながら、得意な裏側やメイキング映像で表現したことですね。
づか
プロジェクトを進める上で具体的に行った業務を教えてください。
あああつし
まずはリサーチですね。映画に関するコンテンツは中国版TikTok「抖音(douyin)」の方が豊富だったので、「抖音(douyin)」でどんなやり方があるか、今回のプロジェクトにマッチする撮影方法についてリサーチをしました。

 

その後、コンテンツ全体の中で流行の動画とCreatorʼs Campusが得意とする動画の比率などを決めて実際に撮影という感じです。

づか
リサーチ担当なんですか?
あああつし
リサーチ自体はチーム全体でやっていますが、僕が1番分析してきたのでリサーチ情報の最終的な精査を担当しているイメージですね。

Creatorʼs Campusで行ってきたプロジェクトに関しては関連記事「【随時更新】Creatorʼs Campusの企画・制作実績まとめ」をご覧ください。

「あああつし」の考えるCreatorʼs Campusのこれから

あああつし」の考えるCreatorʼs Campusのこれから

づか
Creatorʼs Campusにて今後どのような活動を展開したいと考えていますか?
あああつし
今まで様々なプロジェクトに関わってきた中でもっと数値を残せるし、まだまだ大きなバズを作れると思うので、チームという強みを活かして結果を残すことにこだわっていきたいですね。
づか
個人的に今後大切にしていきたい考えや価値観みたいな部分はありますか?
あああつし
クリエイターがハッピーになる働き方をしていきたいです。クライアントさんの役に立ちながらもクリエイターの発信力に強めていきたいというイメージですね。

 

そして、日本のクリエイターにも世界を見ていく人を増やしていきたいと思っています。

づか
「あああつし」が考えるCreatorʼs Campusの強みってなんですか?
あああつし
ショートムービーに強いことですかね。

 

近年YouTubeが注目される中でYouTubeに特化したコミュニティやチームは誕生していると思うんですけど、まだ縦動画のショートムービーにこだわっているところはほとんど無いですし、更に数字を持っているチームは日本には無いと思いますね。

Creatorʼs Campusの持つ強みについて詳しく知りたい方は関連記事「Creatorʼs Campusの持つ6つの強みとは?実例と共に解説!」をご覧ください。

まとめ|分析して数値を上げるコンテンツづくりは「あああつし」

本記事ではCreatorʼs Campusで動画コンテンツの責任者であるクリエイティブディレクター「あああつし」にインタビューをしました。

リサーチ分析を欠かさずデータに基づいたコンテンツ作りを強みとして最新のトレンドを追って動画制作が可能というのは数値を上げたい方には目から鱗ではないでしょうか。

また、Creatorʼs Campusの作り出す動画コンテンツのキーパーソンである「あああつし」がどのような人物なのか、どのようなプロジェクトに関わってどんな業務をCreatorʼs Campusでしているのか少しでも分かっていただければ幸いです。

Creatorʼs Campusへの依頼は下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせフォーム

また、Creatorʼs Campusで活躍する映像クリエイターに関して詳しく知りたい方は関連記事

エモい動画でバズを連続させる映像クリエイター「サカグチヤマト」とは?

商品の魅力を引き出す物撮りが強み!映像クリエイター「にしじゅん」とは?

柔らかい印象を与えるバズ動画を作り出す映像クリエイター「白井風太」とは?

をご覧ください。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上場企業が運営するB2BオウンドメディアのSEOコンテンツ作成からスタートアップ企業のWebサイトにおいてコンテンツディレクター・ライターなどを経験。
現在は複数Webメディアの運営、コンテンツ制作を行っている。

コメント

コメントする

目次
閉じる